福島ファイヤーボンズ、福島南高3年・水野と契約 特別指定選手

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 プロバスケットボール男子Bリーグ2部の福島ファイヤーボンズを運営する福島スポーツエンタテインメントは1日、男子19歳以下日本代表候補選手の水野幹太(福島南高3年)と、特別指定選手契約を結んだと発表した。

 水野はメディカルチェックが済み次第、ベンチ登録され、高校生ながら福島ファイヤーボンズの選手として公式戦に出場できるようになった。

 早ければ4日に猪苗代町総合体育館で行われるアースフレンズ東京Z戦でベンチ登録される。

 若手を育成するための選手登録制度で、選手がチームとアマチュア契約を結び、高校や大学に籍を置きながら公式戦出場できる。

 福島ファイヤーボンズが同契約を結んだのは初めて。契約期間は3月31日まで。

 水野は福島市出身で身長183センチ、体重72キロ。18歳以下日本代表で主将を務めるなど活躍している。福島ファイヤーボンズでの背番号は23。

◆「福島のため頑張る」

 水野は1日、チームに合流し、練習に参加した。水野は「福島のために自分ができることを精いっぱい頑張りたい。チームに貢献できるように一生懸命プレーします」とコメントした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院惜敗、8強に届かず 夏の甲子園、強豪・広陵に4-6