『親子ゴルフ教室』再開へ ジュニアゴルファー育成、福島県ゴルフ連盟

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島県ゴルフ連盟は東日本大震災後に中止していた「親子ふれあいゴルフ教室」を再開させ、ジュニアゴルファーの育成に取り組む。1日、郡山市で開いた総会で決めた。

 教室は小学生が対象で、体験会を通してルールなどゴルフの基本を学んでもらう。

 8月に五浦庭園カントリークラブと宇津峰カントリークラブ、棚倉田舎倶楽部の3カ所で開催する。

 議事では、割引料金でプレーできる「県民感謝ゴルフウイーク」の開催などを盛り込んだ事業を決めた。役員改選も行い、安部哲夫会長(会津磐梯カントリークラブ)を再任した。任期は2年。

 労働災害3年以上連続無事故クラブと永年勤続者を表彰した。

 3年連続無事故クラブ=安達太良カントリークラブ、塩屋崎カントリークラブ▽5年連続無事故クラブ=五浦庭園カントリークラブ▽8年連続無事故クラブ=星野リゾートメローウッドゴルフクラブ▽永年勤続者=立花恵(安達太良カントリークラブ)古川有子、大沼安夫(五浦庭園カントリークラブ)

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」13日開幕 福島県勢3校、センバツへ闘志