7人に「円谷幸吉賞」 石川中・吉田らをたたえる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県駅伝後援会(古川道郎会長)は7日、全国規模の駅伝大会で活躍した本県選手をたたえる「円谷幸吉賞」の本年度受賞者を発表した。全国中学駅伝の男子1区で8位だった吉田陵雅(石川中3年)ら7選手が選ばれた。

 同賞は、東京五輪男子マラソンで銅メダルを獲得した故円谷幸吉(須賀川市出身)の母ミツさんからの寄付金を基に、1992(平成4)年に創設された。受賞選手に贈られるメダルには円谷直筆の「忍耐」の文字が刻まれている。

 贈呈は17日に各校で行われる予定。

 吉田陵雅(石川中3年)柏木レナ(矢吹中3年)横田俊吾(学法石川高1年)根本実咲(学法石川高3年)湯田真奈美(若松三中3年)芳賀宏太郎、古寺冴佳(学法石川高2年)