福島ファイヤーボンズ、終盤力尽く 香川に敗れる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【香川―福島】第2Q、シュートを決める福島のボーズマン=高松市総合体育館

 (18日・高松市総合体育館ほか=9試合) 2部(B2)の福島ファイヤーボンズはアウェーで香川ファイブアローズ(香川)と対戦、62―85で敗れ、2連敗となった。通算成績は22勝15敗で順位は東地区2位のまま。

 福島は第1クオーター(Q)、15―22とリードされる展開となったが、第2Qでボーズマンやスパイクスがリング下で勝負強さを発揮、一挙23点を奪い逆転に成功した。第3Qでも、積極的な攻めが光り54―52と試合を優位に進めた。だが、最終第4Qでは、攻撃が精彩を欠き8点にとどまると、守備も崩れ33失点を喫し逆転を許した。

 福島は次戦の19日、同体育館で香川と対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦