ゴルフ・蛭田プロに強力応援団 地元有志ら「後援会」設立

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
あいさつする蛭田プロ

 鮫川村の女子プロゴルファー蛭田みな美(19)=学法石川高卒=を応援しようと、地元有志は18日、後援会を発足した。設立総会が同日、棚倉町の棚倉田舎倶楽部で開かれ、会員らが蛭田の飛躍を願った。

 後援会は大楽勝弘村長らが発起人となり、同村のNPO法人さめがわスポーツクラブに事務局を置く。今後、試合経費を支援するほか応援ツアーやチャリティーイベントなどを開催する。

 設立総会には会員ら80人以上が出席。初代会長に大楽村長を選んだ。激励会も開かれ、副会長の奥貫洋村教育長が「世界に向かって羽ばたいてほしい」と話し、蛭田に激励金を手渡した。藤田建設工業の藤田光夫社長、東邦銀行棚倉支店の児玉直幸支店長が激励の言葉を贈った。

 蛭田は「まずは1勝、そして賞金女王を目指して頑張る。応援よろしくお願いします」とあいさつした。

 蛭田は会員を前にティーショットも披露。力強い一打に大きな拍手と歓声が起こっていた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る