エストレージャス初V 郡山カップ福島県フットサル・小学生の部

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【エストレージャス.FC―桑野サッカースポ少】後半、体を張ってボールを奪いにいくエストレージャス.FCの大森(右)=西部第2体育館

 フットサル県王者の称号を懸けた郡山カップ第11回県フットサル選手権大会の2次ラウンド(県大会)最終日は19日、郡山市の西部第2体育館で小学生、一般両部の第2ステージ(決勝トーナメント)の準決勝、決勝などが行われた。決勝では、小学生の部はエストレージャス.FC(郡山)が桑野サッカースポーツ少年団(同)を10―3で破り初優勝した。

 体張ってゴール死守

 初の郡山カップのタイトルを手にしたエストレージャス.FC(郡山)。決勝では前半に3―3と同点に追い付かれたが、途中出場の大森陽斗(薫小6年)が攻守で存在感を示し、起用に応えた。「楽しい大会だった」と、笑顔を見せる。

 「守りの乱れを修正したかった」との、倉沢飛輝監督の序盤の判断が奏功した。大森は「相手を前に向かせず、シュートをさせないようにした」と、当たり負けしない粘りのディフェンスで相手にプレッシャーを掛け続け、ゴールを死守した。さらに後半終盤。「得点を狙っていた」と絶妙なパスから中央を突破、右足を振り抜き、チーム10点目を挙げて優勝を決定付けた。

 チームは、フットサルのバーモントカップや全日本少年サッカーなど、三つの主要な県大会を制覇し、郡山カップ優勝で4冠を獲得した。だが「もっとプレーを磨きたい」と大森。将来のJリーグ入りを夢見て、さらに上のステージを見据えた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦