尚志高・加野と松本が新年度躍進へ決意 全国高校サッカー報告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来社した(左から)松本選手、加野選手、仲村監督、倉又校長

 第95回全国高校サッカー選手権に出場した尚志高サッカー部の仲村浩二監督、加野赳瑠(たける)(2年)、松本雄真(同)は24日、出場報告のため福島民友新聞社を訪れた。

 尚志は2回戦で山梨学院に1―2で惜敗。仲村監督は「今大会は勉強になった。経験を生かして来年は優勝したい」と語った。2回戦で先制点を決めた加野は「先輩に教わったことを周囲に広げ、どこにも負けないチームをつくりたい」、松本は「自分たちのサッカーはできたので、経験を生かしたい」とそれぞれ新年度への決意を述べた。倉又晴男校長が一緒に訪れた。

 郡山総支社も訪れた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、9回サヨナラ「11連覇」 夏の福島大会、戦後最多更新