福島ファイヤーボンズの結論持ち越し 来季B1参入の審査

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バスケットボール男子のBリーグは1日、東京都内で理事会を開き、2017~18年シーズンに向けた第1回の資格審査を行い、今季2部(B2)で、1部(B1)参入の申請をした14チームのうち、山形、茨城、西宮、広島、島根、熊本が認められた。5000人規模の本拠地アリーナ確保や、財務状況などの条件を満たした。

 青森、岩手、信州、愛媛は来季も引き続き2部への参戦で申請し、認められた。B1では全18チーム中14チームが承認された。北海道、A東京、SR渋谷、三遠は継続審査となり、B2から申請した福島、群馬などとともに、結論は4月の理事会に持ち越しとなった。