フリーブレイズ3連勝、延長で競り勝つ アイスホッケー・アジアリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―ハイワン】延長3分、決勝点を決めるフリーブレイズFW平野(左)=テクノルアイスパーク八戸

 アイスホッケーのアジアリーグは5日、各地で4試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は八戸市のテクノルアイスパーク八戸でハイワン(韓国)と対戦、延長の末3―2で競り勝ち、3連勝した。

 フリーブレイズは第1ピリオドを無得点で終え、第2ピリオドにFW元野のゴールで先制。同点に追い付かれた後に、FWポープのゴールで勝ち越した。

 第3ピリオドで再び同点とされたが、延長3分にFW平野が決勝点を挙げた。

 次戦は7日、同会場でハイワンと対戦する。午後7時開始予定。