フリーブレイズ最終戦飾る レギュラーリーグ4位が確定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―ハイワン】第2ピリオド、逆転ゴールを決めるフリーブレイズ元野(左)

 アイスホッケーのアジアリーグは7日、八戸市のテクノルアイスパーク八戸で東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)とハイワン(韓国)の1試合が行われた。レギュラーリーグ最終戦となったフリーブレイズは4―1で勝利し、チーム4連勝で締めくくった。フリーブレイズはレギュラーリーグ4位が確定した。

 第1ピリオドに先制を許したフリーブレイズは、0―1で迎えた第2ピリオド、FW篠原亨、元野、岩槻のゴールで逆転した。第3ピリオドでは、守備からリズムをつくって相手の攻撃をはね返し、FW山田のゴールで試合を決定付けた。

 レギュラーリーグの上位6チームによるプレーオフ第1ラウンド(3戦2勝方式)は18、19、21の3日間行われる。フリーブレイズはプレーオフ準決勝進出を懸けて、ホームのテクノルアイスパーク八戸で5位の日本製紙クレインズと対戦する。18日は午後5時、19日は同3時30分、21日は同7時開始予定。