ファイヤーボンズ悔しい連敗  熊本と復興メモリアルゲーム

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 (11日・熊本県立総合体育館ほか=9試合) 2部(B2)の福島ファイヤーボンズはアウェーで熊本ヴォルターズと対戦した。

 試合は昨年4月の熊本地震を受け、被災地のチーム同士の復興メモリアルゲームとして実施。福島は59―85で敗れ2連敗となったが、会場には「がんばっぺ福島 頑張るばい熊本!」の横断幕が掲げられるなど、両チームによる白熱したプレーが繰り広げられた。福島の通算成績は25勝18敗で順位は変わらず東地区2位。

 福島は第1クオーター(Q)、攻守がかみ合わず6―25と大きく離された。立て直しを図りたい福島は第2Q、友利やボーズマンの活躍で22点を奪ったが、熊本にそれを上回る25点を許し、前半を終えた。第3Qでも、一度傾いた流れを引き戻すことができず11得点にとどまると、第4Qでも、点差を縮めることができず力尽きた。

 福島は次戦の12日、アウェーの熊本県立総合体育館で熊本と対戦する。午後2時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦