福島ファイヤーボンズ3連敗 熊本に敗れる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【熊本―福島】第2Q、3点シュートを決める福島の水野(右)=熊本県立総合体育館

 (12日・熊本県立総合体育館ほか=9試合) Bリーグ2部(B2)の福島ファイヤーボンズはアウェーで熊本ヴォルターズに74―92で敗れ、交流戦最終戦を白星で飾ることができなかった。

 チームは3連敗となり、通算成績は25勝19敗、順位は変わらず東地区2位。交流戦の成績は12勝12敗だった。

 福島は第1クオーター(Q)、17―17の同点とすると、第2Qに水野、村上、シャノンの活躍で28点を奪い、45―33とリードして前半を終えた。

 後半の第3Qは、熊本の高い攻撃力を前にペースを乱し、33点を奪われ逆転を許した。攻守のバランスの立て直しを図ったが、最終の第4Qで流れを変えることができず、大差をつけられた。

 福島は次戦の18日、アウェーの群馬県・館林市城沼総合体育館で群馬クレインサンダーズと対戦する。午後6時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る