本県選手団、全国制覇へ決意 都道府県対抗中学ソフトテニス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
優勝を目指し団結した本県選手団

 第28回都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会(26~28日、三重県伊勢市)に出場する本県選手団の結団式が12日、福島市で行われ、士気を高めた。

 県ソフトテニス連盟の志田光夫会長のあいさつに続き、団員23人が紹介され、代表の斎須大夢主将(白河・東中2年)が「最後まで諦めず優勝を目指して頑張る」と決意表明した。

 県ソフトテニス連盟の川島登理事長は「感謝の気持ちを持って試合に臨み、正々堂々とプレーしてほしい」と激励した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る