棚倉中・藤田さん、女子野球の夢追う 強豪・埼玉栄高に進学

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
日本一を目指して強豪の埼玉栄高に進学する藤田さん

 棚倉中(棚倉町)3年の藤田捺己(なつみ)さん(15)は今春、女子硬式野球の強豪校、埼玉栄高(埼玉県)に進学する。高校での全国制覇、女子日本代表入りという二つの大きな目標の実現に向け、一歩を踏み出す。

 女子硬式野球部があり、全国高校女子硬式野球連盟に加盟する高校は東北にない。藤田さんは「大好きな野球を続けたい」という強い思いから進学先を決めた。

 兄の影響で小学1年の時に野球を始め、中学では棚倉中野球部と、県内唯一の中学女子軟式野球チーム「福島ピーチガールズ」(棚倉町)に所属して実力を磨いてきた。ピーチガールズではエースで4番。投手では力のある直球、打者としては棚倉中で男子に交じっても4番を任されるほどの長打力が武器だ。「内野ならどこでも守れる」と守備力にも自信を持っている。

 まずは高校生のうちに女子日本代表に選ばれることが目標。埼玉栄高を日本一に導けば、代表入りも見えてくることになり、「自分たちの代で優勝したい」と力強く語った。

 「女子の受け皿ない」

 福島ピーチガールズ監督で、藤田捺己さんの父の道夫さん(49)によると、本県の中学、高校生の女子野球チームは、軟式で福島ピーチガールズ、硬式で郡山市のクラブチーム「ふくしまヴィーナスベースボールクラブ」だけ。道夫さんは「東北にも女子野球を続けたい人の受け皿がないのが現状」と話す。

 小学生の年代では、本県選抜のスマイルふくしまガールズベースボールクラブが昨年11月に宮城県で開かれた東北小学生女子野球交流大会チャレンジの部で初優勝するなど、レベルが上がっている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」