東北フリーブレイズ逃げ切る プレーオフ第1ラウンド

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【東北フリーブレイズ―日本製紙クレインズ】第3ピリオドにダメ押しのゴールを決めるFW山田(左)=テクノルアイスパーク八戸

 アイスホッケーのアジアリーグは18日、各地でプレーオフ第1ラウンド(3戦2勝方式)の第1戦2試合を行った。レギュラーリーグ4位の東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は八戸市のテクノルアイスパーク八戸で、レギュラーリーグ5位の日本製紙クレインズと対戦、4―2で初戦を制した。

 フリーブレイズは第1ピリオド、FW田中のゴールで先制。第2ピリオドで同点とされたが、FW山田が立て続けに2得点を挙げて勝ち越し、第3ピリオドでFW河合がダメ押しのゴールを決め、逃げ切った。

 第2戦は19日午後3時30分から、同会場で行われる。