東北地区研修会を主管 福島県剣道道場連盟が総会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県剣道道場連盟は19日、郡山市で総会を開き、新年度の事業計画で11月12日に同市で開かれる第40回東北地区剣道少年団研修会を主管することを承認した。研修会には新潟を含む7県から小、中学生の代表16人が出場、剣道を通して学んだことの作文を発表する。

 加盟29道場の代表約60人が出席した。室井伊久男会長が「会長として5年が経過し、文武両道を掲げて日本一を4人輩出することができた」とあいさつした。県剣道連盟の安藤誠基副会長と県剣道道場連盟顧問の増子輝彦参院議員らの来賓祝辞に続き、議事で事業計画などを決めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る