フリーブレイズが準決勝へ アイスホッケー・アジアリーグ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―クレインズ】第2ピリオド、チーム3点目を決めるFW田中豪(14)=テクノルアイスパーク八戸

 アイスホッケーのアジアリーグは19日、青森県八戸市のテクノルアイスパーク八戸などでプレーオフ第1ラウンド(3回戦制)第2戦2試合が行われ、レギュラーシーズン4位の東北フリーブレイズ(郡山市、八戸市)が延長の末に6―5で5位の日本製紙クレインズを破り、2連勝で準決勝(5回戦制)進出を決めた。

 フリーブレイズは第1ピリオドに先制を許す厳しい展開となった。第2ピリオドにFW平野のゴールで同点としたが、勝ち越すことができず2―3で最終の第3ピリオドを迎えた。互いに1点を取り合った後、DFの篠原優、コールの連続得点で逆転に成功。しかし、終了間際にゴールを決められ、延長戦に突入した。迎えた延長5分、DFコールがこの日2点目を挙げ、勝ち越した。

 1位アニャンハルラ(韓国)2位サハリン(ロシア)と対戦する準決勝は25日に始まる。フリーブレイズは25、26日の両日に韓国のアニャンアイスアリーナでハルラと、27日にはロシアのアイスパレスクリスタルでサハリンと対戦する。4月1、2の両日はホームのテクノルアイスパーク八戸にハルラを迎える。

 25、26日は午後5時、27日は午後7時、4月1日は午後5時、同2日は午後3時30分開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦