福島ファイヤーボンズ、連勝逃す 守備に精彩を欠いて失点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【群馬―福島】第1Q、シュートを放つスパイクス=館林市城沼総合体育館

 (19日・館林市城沼総合体育館ほか=6試合) 福島ファイヤーボンズはアウェーで群馬クレインサンダーズに63―79で敗れた。敵地での連勝を逃し、通算成績は26勝20敗。順位は変わらず東地区2位。

 福島は第1クオーター(Q)、スパイクス、村上らのゴールで15―16とし、第2Qも菅野の3点シュートなどで一時同点とするなど、前半を終え30―33と互角の戦いを演じた。後半の第3Qで44―50とし、最終の第4Qで逆転を試みたが、守備に精彩を欠いて29失点。ボーズマンの3点シュートなどで追い上げを狙ったが、大差をつけられた。

 福島は次戦の25日、ホームの郡山市・郡山総合体育館で岩手ビッグブルズと対戦する。午後3時30分開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院惜敗、8強に届かず 夏の甲子園、強豪・広陵に4-6