フリーブレイズ敗退 プレーオフ準決勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【ハルラ―フリーブレイズ】相手選手を競り合うフリーブレイズのDF熊谷(左)=アニャンアイスアリーナ

 アイスホッケーのアジアリーグは28日、韓国のアニャンアイスアリーナでプレーオフの準決勝(5回戦制)第3戦が行われ、レギュラーシーズン4位の東北フリーブレイズ(郡山市、八戸市)は同1位で昨季覇者のアニャンハルラ(韓国)に1―4で敗れた。フリーブレイズは3連敗となり、敗退が決まった。

 フリーブレイズは第1ピリオドに先制を許し、試合のペースを握られ、第2ピリオドでも3ゴールを決められた。逆転をかけて臨んだ最終の第3ピリオドは攻撃に厚みをかけ、FW田中豪がゴールを決めるなど、相手を上回る13本のシュートを放ったが、1点を返すにとどまった。