木幡親子4騎手が初対戦へ JRA史上初、1日・中山競馬

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本中央競馬会(JRA)の親子4人騎手、現役最年長の木幡初広騎手(51)=南相馬市出身=と息子3人が1日の中山競馬第6レースで対戦する。親子4騎手が同一レースで騎乗するのはJRA史上初めて。

 第6レースは3歳未勝利戦(1800メートルダート・16頭)で、初広騎手はシンボリスーマラン、デビュー4年目の長男初也騎手(21)はコスモフリオーソ、昨年45勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手に輝いた次男巧也騎手(20)はリョウランヒーロー、今年のルーキー三男育也騎手(18)はシバクサに騎乗する。木幡ファミリー勢ぞろい、レース以上に注目を集めそう。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院惜敗、8強に届かず 夏の甲子園、強豪・広陵に4-6