尚志3連覇 郡山サッカーフェス・高校後期

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
3連覇を飾った尚志イレブン

 第41回郡山サッカーフェスティバル高校後期の部最終日は3日、郡山市の尚志高などでリーグ戦の順位別トーナメントが行われ、1位トーナメントでは、尚志が3年連続7度目の優勝を飾った。

 尚志は決勝で共愛学園(群馬)と対戦。前半に先制を許したが、後半10分、中央でボールを受けたMF石井誉人(3年)が右隅に押し込んで追い付いた。

 その後は一進一退の攻防が続き、勝負はPK戦へ。互いに1人ずつ外し、3―3で迎えた相手の5本目をGK三岡広平(同)が封じて勝利を引き寄せた。

 千葉至温主将(同)は「負けることなく終えられたことは大きな弾みになる」と喜びを語った。  表彰式では、大木重雄郡山サッカー協会長が両チームにトロフィーや賞状を贈った。

 郡山サッカー協会、福島民友新聞社、読売新聞東京本社、福島中央テレビの主催、郡山市、同市教委の共催、実行委の主管。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る