福島ファイヤーボンズ、PO逃す B2東地区は群馬が優勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【青森―福島】第3Q、ゴール下に切り込み、シュートを放つ福島の友利=五所川原市民体育館

 (15日・五所川原市民体育館ほか=9試合) 福島ファイヤーボンズはアウェーで青森ワッツと対戦、延長の末、89―88で接戦を制した。優勝マジックを「1」としていた首位の群馬クレインサンダーズが茨城ロボッツに勝利したため、福島は地区優勝とともに、B1昇格を懸けたプレーオフ進出を逃した。通算成績は28勝25敗で順位は変わらず東地区6チーム中2位。

 福島は第1クオーター(Q)、積極的な攻撃を展開し4点リードで第2Qへ。しかしリバウンドを奪われ始めるとリズムを崩し、37―44と逆転を許した。

 第3Qでは、スパイクスや友利を中心に攻勢を掛けて3点差まで迫ると、第4Qにボーズマンがゴール下で得点を重ね同点に追い付き、延長に突入した。

 一進一退の攻防が続いたが、友利の3点シュートで流れを呼び込み、最後はボーズマンがゴールを沈め勝ち越しに成功した。福島は次戦の16日、同会場で青森と対戦する。午後2時開始予定。