定員800人に到達 5月21日の「時空の路ヒルクライムin会津」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
成功に向けて話し合った第2回会議

 会津美里、下郷両町を結ぶ氷玉峠で5月21日に行われる自転車レース「第14回時空の路ヒルクライムin会津」の実行委員会は21日、会津美里町で第2回会議を開き、参加申込数が定員の800人に達したことが報告された。

 約20人が出席。実行委員長の渡部茂会津美里町観光協会長、菅野芳美福島民友新聞社事業局長があいさつした。議事では、準備日程や役割分担をはじめ、今大会から行われる大内宿での前夜祭について話し合った。

 大会は時空の路ヒルクライム会津実行委員会(下郷町、会津美里町、下郷町観光協会、会津美里町観光協会、大内宿観光協会、福島民友新聞社)の主催、日産プリンス福島販売、グリーンハウスグループの特別協賛、ゼビオホールディングス、會津価値創造フォーラム、明治、STKの協賛。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手