全国目指し熱戦、郡山で幕開け 実業団バド東北予選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
熱戦を繰り広げる選手

 第67回全日本実業団バドミントン選手権大会東北予選会は22日、郡山市の西部第2体育館で開幕、初日は予選リーグ計21試合が行われた。東北実業団バドミントン連盟の主催、県実業団バドミントン連盟、県バドミントン協会の主管、福島民友新聞社などの後援。

 第34回東北実業団バドミントン選手権大会も兼ねて開かれた。東北6県から19チームが出場し、優勝を目指して2日間にわたり熱戦を繰り広げる。本県からはIHI相馬、NOKメタル、福島市役所、会津オリンパス、ウイングが出場している。

 最終日の23日は、決勝トーナメントを行う。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」