福島ファイヤーボンズ、アウェーで岩手に競り勝つ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【岩手―福島】第4Q、シュートを決める福島のスパイクス=北上総合体育館

 (22日・北上総合体育館ほか=9試合) 福島ファイヤーボンズはアウェーで岩手ビッグブルズと対戦、74―68で競り勝った。通算成績は29勝26敗で、順位は東地区2位。

 福島は第1クオーター(Q)を12―14で終えると、第2Qでボーズマン、友利の3点シュートなどが効果的に決まり35―26と勝ち越し、前半を折り返した。第3Qで一時は1点差まで詰め寄られたが、最終第4Q、スパイクスなどのシュートで突き放し、岩手の反撃を振り切った。

 福島は次戦の23日、同会場で岩手と対戦する。午後2時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる