会津若松市出身・五十嵐騎手が障害レース100勝 福島競馬5R

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
地元の同期の田辺裕信騎手(右)らが見守る中、障害100勝を達成した五十嵐騎手(右から3人目)

 五十嵐雄祐騎手(33)=会津若松市出身=は、22日の福島競馬5RでJRA障害レース通算100勝を達成した。2002年デビューで今年16年目。通算成績2129戦(うち障害977戦)142勝。重賞勝利はアポロマーベリックの13年中山大障害、14年中山グランドジャンプなど7勝。

 地元開催で節目を迎えた五十嵐騎手は「障害100勝を目指していたのでうれしい。これまで16カ所骨折しましたが、けがは仕方ありません。200勝を目指し、また重賞を勝てる馬をつくって表彰台に上がりたい」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場