大堀、川上を破り優勝 バドミントン中国マスターズ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バドミントンの中国マスターズは23日、中国の常州で各種目の決勝が行われ、女子シングルスで、ともに富岡高卒の大堀彩(トナミ運輸)が川上紗恵奈(北都銀行)との日本勢対決を2―1で制し、優勝した。

 男子ダブルスの井上拓斗、金子祐樹組(日本ユニシス)は台湾のペアにストレート負けした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場