福島ファイヤーボンズ、敵地で連勝 岩手に競り勝ち

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【岩手―福島】第2Q、シュート決める堀=北上総合体育館

 (23日・北上総合体育館ほか=9試合) 福島ファイヤーボンズはアウェーで岩手ビッグブルズに80―75で競り勝ち、2連勝を飾った。通算成績は30勝26敗で、順位は東地区2位。

 第1クオーター(Q)で16―17とリードを許した福島は第2Q、ボーズマンや堀の得点をはじめ、菅野の3点シュートなどで38―34と逆転に成功した。

 後半は一進一退の攻防を繰り広げたが、最終第4Qにスパイクスがゴール下で存在感を示し、岩手を突き放した。スパイクスは15得点、11リバウンドとダブルダブルを記録、勝利に貢献した。

 福島は次戦の5月1日、ホームの郡山総合体育館で茨城ロボッツと対戦する。午後7時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る