マウンテンバイクで疾走 第1回福島市荒川ファミリー大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
オフロードコースを疾走する選手たち

 第1回福島市荒川マウンテンバイクファミリー大会は23日、福島市の荒川沿いの特設コースで開かれ、子どもから大人まで愛好者が白熱した自転車レースを繰り広げた。

 同市の自転車販売店などでつくる実行委員会の主催、福島民友新聞社の共催。マウンテンバイクの楽しさや荒川河川敷の魅力を発信しようと初めて開催した。県内を中心に宮城や栃木などから総勢120人がエントリーした。

 選手たちは急な下り坂や起伏に富んだコースを攻略し、優勝を目指した。表彰式では、菅野芳美福島民友新聞社事業局長が入賞者に賞状などを手渡した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず