選手の獲得に投資、昨年度1500万円赤字 福島ユナイテッド株主総会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 サッカーJ3の福島ユナイテッドFCを運営するAC福島ユナイテッド(鈴木勇人社長)は24日、福島市で株主総会を開き、昨年度は1500万円の赤字になったと報告した。同社は要因を選手契約など先行投資のためと説明した。

 昨年度の売上高は3億2600万円。広告料収入は前年度比1300万円増の2億3000万円だったが、人件費が同2300万円増の1億2000万円となった。

 議事では、練習場の確保やJ3チームのホームスタジアムの基準を満たすナイター用照明の設置ができていないことが報告された。基準を満たしたナイター用照明を2022年までに設置しなければJ3ライセンスを失う。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず