福島ホープス、武蔵に引き分け 高橋祥が躍動2発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―武蔵】1回福島2死一塁、2点本塁打を放ち生還し、ボウカーにハイタッチで迎えられる高橋祥

 (3日・びわのかげ球場ほか=5試合)福島ホープスはホームで武蔵ヒートベアーズ(埼玉)と対戦、6―6で引き分けた。通算成績は2勝7敗2分けで東地区5チーム中5位。福島は4日、新潟市のみどりと森の運動公園野球場で新潟アルビレックスBCと対戦する。午後1時開始予定。

 ボウカーもソロ

 3度にわたりきれいな放物線を描いて外野スタンドに吸い込まれる打球に、会場は興奮のるつぼと化した。ボウカー、高橋祥は全ての得点に絡む活躍を見せ、福島は今季3勝目にあと一歩まで迫った。

 前回の武蔵戦でも8回に逆転の中前適時打を放ち今季初勝利の立役者となった高橋祥。前日2日に会津入りして名物のソースカツを味わい「力が付いた」と、この日も本塁打を2本放ちチームを勢い付けた。「(最近の公式戦では)真っすぐな球を捉えられず悔しい思いをした。打ち損じないよう心掛けた」。言葉通りに2ランを放った1回、ソロの6回ともに直球をきっちり捉え、中越えに運んだ。

 今季2勝目に貢献するなど活躍が光るボウカーもソロに加え好機に二塁打を放ち「絶好調」と満足げ。ホームランは「気持ちだ」とプロ野球の巨人や楽天、米大リーグを経験した打者としてハートの強さを見せつけた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る