「郡山産品食べてパワーに」 ウエイトリフティング女子合宿

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
トレーニングに汗を流す三宅=のんびり温泉健康センター三宅道場

 全日本女子ウエイトリフティングチームは8日、郡山市ののんびり温泉健康センター三宅道場で6日から行っている合宿を報道陣に公開した。選手たちが26日から始まる全日本選手権に向けて基礎練習や体幹トレーニングに汗を流している。合宿は17日まで行う。

 合宿に参加しているのは、リオデジャネイロ五輪63キロ級9位の松本潮霞(なみか)と同階級の吉田朱音、53キロ級の佐渡山彩奈、58キロ級の見附絵莉。同五輪銅メダリストの三宅宏実は11月の全日本女子選抜選手権に照準を合わせ調整を行っている。選手たちは三宅義行監督の下、練習に打ち込んでいる。

 8日は品川萬里郡山市長が道場を訪れ、郡山産米「あさか舞」やコイ料理を贈り、エールを送った。三宅は「郡山の特産品を食べて、パワーに変えて頑張りたい」と抱負を語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手