福島ユナイテッド、今季初の連敗 攻め手欠き4位後退

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【富山―福島】声を張り上げて指示を送るMF渡辺=富山県総合運動公園陸上競技場

 (7日・富山県総合運動公園陸上競技場ほか=6試合) 福島ユナイテッドFCはアウェーでカターレ富山に0―2で敗れ、今季初の2連敗を喫した。通算成績は4勝2敗1分で勝ち点13、順位は4位に後退した。

 福島は立ち上がりから富山に攻め込まれ、クロスから好機をつくられると、前半23分に左クロスから先制点を許した。短いパスをつなぎ局面を打開したい福島だが、なかなか攻め込めず前半はシュート0本に終わった。後半は富山のPKをGK内藤友康が止めて勢いづくかにみられたが、同20分にコーナーキックから失点し、リードを広げられた。

 次節は14日、ホームのとうほう・みんなのスタジアムで首位のブラウブリッツ秋田と対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場