福島ホープス、あと1本出ず 10残塁で3連敗

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―新潟】1回裏2死満塁のピンチを迎えマウンドで相談する福島先発の間曽(左)と捕手笹平。この後無失点で切り抜ける=18日、ハードオフエコスタジアム新潟

 (18日・ハードオフエコスタジアム新潟ほか=2試合) 福島ホープスはビジターで新潟アルビレックスBCに0―1で敗れ、3連敗となった。

 福島は新潟を上回る9安打を放ち、初回を除いて毎回走者を出したが10残塁と好機であと1本が出なかった。先発間曽は5回まで0点に抑えたが、6回に連続四球で出塁を許すと捕逸で得点圏に走者を進め犠飛で先制された。その後、満塁となったが後続を三振と右飛に打ち取り、最少失点でしのいだ。

 通算成績は5勝11敗3分けで東地区5チーム中4位。福島は20日、栃木ゴールデンブレーブスとビジターの小山運動公園野球場で対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「全国都道府県対抗駅伝」上位入賞誓う 福島県選手団・結団式