福島ホープスが9回逆転勝利 一挙8点、打線爆発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【栃木―福島】9回表福島2死二、三塁、笹平の左前適時打で二走川上が生還

 (20日・小山運動公園野球場ほか=5試合) 福島はビジターで栃木ゴールデンブレーブス(栃木)と対戦、9回の猛攻で逆転し9―4で勝利した。通算成績は6勝11敗3分けで順位は東地区5チーム中4位のまま。

 福島は初回に2点を失うと六、7回にもそれぞれ1点を追加されリードを広げられた。7回の高橋祥の左翼への本塁打で1点を返し、1―4で迎えた9回に打線が爆発。先頭打者の高橋恒が四球で出塁すると、岸本、ボウカー、高橋祥の3連続安打などで3点を返し、同点に追い付いた。止まらない福島は2死三塁から、福士、川上、笹平、代走で代わった宮之原の連続安打などでさらに5点を奪い、逆転した。

 福島は次戦の21日、ビジターの上尾市民球場で武蔵ヒートベアーズと対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる