13競技で熱戦 会津若松で福島県障がい者総合体育大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第55回福島県障がい者総合体育大会は21日、会津若松市のあいづ陸上競技場など同市の各会場で13競技が行われ、約1750人が熱戦を繰り広げた。県、同市、県障がい者スポーツ協会の主催。

 個人競技の成績上位者は、10月に愛媛県で開かれる全国大会に出場する。選手たちは上位の大会を目指し競技に打ち込んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」