東邦銀行・青木、大会新V 女子400メートル障害、東日本実業団陸上

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 陸上の東日本実業団選手権最終日は21日、秋田県の秋田県営陸上競技場で行われ、女子400メートル障害で青木沙弥佳(東邦銀行)が大会新の56秒32で4大会ぶり5度目の優勝を果たした。

 県勢はこのほか女子200メートルで武石この実(同)が24秒77の4位、青木りん(同)が24秒99の6位。同800メートルは小野莉奈(同)が2分10秒68で4位、新宮美歩(同)が2分13秒13で6位だった。同ハンマー投げで佐藤若菜(同)が56メートル38で2位だった。

 男子は400メートル障害で記野友晴(同)が51秒46で2位、同3000障害で野村顕弘(三春町役場)が10分42秒82で7位。野村はシニア男子1500メートルでも4分30秒49で5位に入った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る