富士通クが3連覇 都市対抗野球福島県大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
優勝した富士通アイソテックベースボールクラブ

 第88回都市対抗野球第1次予選県大会最終日は21日、福島市の信夫ケ丘球場で準決勝、決勝が行われ、富士通アイソテックベースボールクラブ(伊達市)が3年連続3度目の優勝に輝いた。

 富士通アイソテックベースボールクラブと郡山イーストジャパンクラブの対決となった決勝は、二回に3点を先制した富士通が順調に得点を重ね、七回コールドで勝利した。

 両チームは6月3日に秋田県で開幕する2次予選東北大会に出場する。

 最高殊勲選手賞に富士通アイソテックベースボールクラブの八百板飛馬、敢闘賞に郡山イーストジャパンクラブの斎藤未来、首位打者賞に同チームの梅沢孝弥が選ばれた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」