エステレーラ相馬が優勝 女子ユースサッカー選手権福島県大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
優勝したエステレーラ相馬

 第13回全日本女子ユース(U―15)サッカー選手権県大会は20、21の両日、相馬市の相馬光陽サッカー場で開かれ、エステレーラ相馬(相馬市)が優勝した。チームは6月24、25の両日、秋田県の秋田総合スポーツセンターで開かれる東北大会に出場する。

 県サッカー協会の主催。4チームが出場し、リーグ戦で熱戦を展開した。エステレーラ相馬は2勝して迎えた第3戦でMEGO会津LFC(会津若松市)を1―0で下し、全勝で優勝を決めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる