聖光学院高卒・東洋大の佐藤が初首位打者 東都大学野球

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東都大学野球春季リーグは24日、全日程を終了し、最高殊勲選手には4勝の飯田晴海(東洋大)が初選出された。佐藤都志也(東洋大、聖光学院高卒)が打率4割8分3厘で初めて首位打者を獲得し、ベストナイン(一塁手)にも選ばれた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る