福島ユナイテッド、会津若松もホームタウンに

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 サッカーJ3の福島ユナイテッドFCは福島市に加え、新たに会津若松市をホームタウンとする。25日に開かれたJリーグの理事会で承認された。

 スポーツを通じた地域振興やサポーターの拡大を目的に申請。ホームタウンとなることで会場の使用料が減免される。試合会場はあいづ陸上競技場を使用するが、同競技場はJリーグの規格を満たしていないため、開催は年1試合に限られている。ホームタウン決定後も開催できる試合数は変わらない。

 福島ユナイテッドは31日、会津若松市役所で記者会見を開き、ホームタウン追加について説明する。福島ユナイテッドを運営するAC福島ユナイテッドの鈴木勇人社長と室井照平市長が出席する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る