福島県野球団体協議会が発足 初代会長に松本氏

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県野球団体協議会は26日、福島市で設立総会を開き、初代会長に松本壹雄(かずお)県野球協会長(70)=相馬市=を選任した。会長の任期は3年。福島市で一部試合が開催される東京五輪野球・ソフトボール予選の成功や、本県の野球振興に向け、各団体一丸となって取り組むことなどを確認した。

 東京五輪開催をきっかけに野球関係団体を統一し、各団体間の連携を強め、野球振興につなげることが目的。県野球協会と県野球連盟、県高校野球連盟、南東北大学野球連盟、県還暦軟式野球連盟など9団体が参加した。

 設立総会には約20人が出席。松本会長はあいさつで、「五輪をきっかけに野球団体を一本化し、五輪の成功を目指したい。福島は野球の県だと言われるようにしたい」と決意を述べた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場