男子100で山下は7位、桐生が優勝 関東学生陸上

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 陸上の関東学生対校選手権第2日は26日、横浜市の日産スタジアムで行われ、男子100メートルは向かい風0.5メートルの条件下、リオデジャネイロ五輪代表の桐生祥秀(東洋大)が10秒24で、2年連続3度目の優勝を果たした。

 本県関係では、男子100メートルで山下潤(筑波大、福島高卒)が10秒54で7位になった。

 このほか走り幅跳びで伊藤丈晃(慶大、福島高卒)が23位、砲丸投げで天野光汰(法大、日大東北高卒)が16位、女子1万メートルで渡辺唯(国士舘大、田村高卒)が18位、内田寧々(東洋大、学法石川高卒)が29位、女子やり投げで島田夏純(茨城大、会津学鳳高卒)が10位だった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手