ロングスパートで鈴木が女子1500制す 福島県高体・陸上

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【女子1500メートル】終盤までもつれるデッドヒートを制した鈴木葵(右)(福島明成)

 女子1500メートルは鈴木葵(福島明成3年)が自身の思惑通りのレース展開に持ち込み、ライバルとの激戦を制した。

 「ラスト100メートルでは走り負けると思った」。最後の短距離での競り合いでは走力のあるライバルに勝てないと考え、残り500メートルからロングスパートを仕掛けた。後続も引っ張られるように付いてきたが、最終コーナー手前で徐々に差が開き、鈴木は逃げ切った。

 けがや体調不良でこれまでの大会では納得の走りができなかった。鈴木は「毎日地道に走り続けたのが結果につながった」と満面の笑みで、3000メートルとの2冠を次の目標に掲げた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる