鎌田が女子走り高V「東北で自己ベスト」 福島県高体・陸上

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【女子走り高跳び決勝】1メートル68を成功し、優勝した鎌田ほのか(清陵情報)

 「跳べると思った」。女子走り高跳びを制した鎌田ほのか(清陵情報3年)は、自己ベストに届かず納得いかない表情を浮かべた。

 出場選手の中で唯一1メートル65を成功。1メートル68は3度目にクリア。ここから記録を伸ばすつもりだったが、不完全燃焼に終わった。

 昨年6月の東北大会は1メートル72で初優勝。1メートル75を目標に助走距離を延ばすなど、記録更新へ挑戦を続ける。「助走の感覚を覚え、東北大会では目標を越えたい」。今回の優勝は鎌田にとって通過点にすぎない。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる