福島南高卒・水野が日本代表 男子バスケU-19W杯

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本バスケットボール協会は29日、エジプトで7月に開催されるU―19(19歳以下)男子ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表選手を発表した。

 福島南高卒の水野幹太(法大1年)や全米大学体育協会(NCAA)1部のゴンザガ大に在籍する八村塁、福岡大大濠高2年の中田嵩基ら12人が名を連ねた。

 6月1日から東京都内で行われる強化合宿や、大会直前の海外遠征で調整した後、7月1日の開幕に備える。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず