小高工高卒・法大の菅野が最優秀防御率 東京六大学野球

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京六大学野球春季リーグは29日、全日程を終了し、立大が1999年秋以来35季ぶり13度目の優勝を果たした。

 早大の加藤が打率3割7分5厘で首位打者、法大の菅野秀哉(小高工高卒)が1.39で最優秀防御率をともに初めて獲得した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る