世界パラ陸上へ抱負 東邦銀行の佐藤、佐々木が来社

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
来社し活躍を誓った(左から)佐藤、佐々木、渡辺コーチ

 英ロンドンで7月に開かれる世界パラ陸上競技選手権大会に出場が決まった、東邦銀行の佐藤智美(27)、佐々木真菜(19)は31日、出場決定報告のため、福島民友新聞社を訪れた。

 同大会への出場は佐藤が3度目、佐々木は初めて。いずれも視覚障害T13クラスで、佐藤は100メートルと200メートル、佐々木は200メートルと400メートルに出場予定。

 佐藤は「応援してくれる人への恩返しとして、いい走りといい記録を届けたい」、佐々木は「2年前は選ばれず悔しい思いをしたのでうれしい。いい報告ができるよう頑張りたい」と抱負を語った。渡辺真弓コーチが同行した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン