田村・滝沢が男子90キロ級連覇 福島県高体・柔道

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第63回県高校体育大会メイン会期最終日は5日、各地で7競技が行われ、柔道は男子個人90キロ級で滝沢秀斗(田村)が2連覇を果たした。

 男子個人90キロ級の決勝リーグ3試合を全勝し、2連覇を果たした田村の滝沢秀斗(3年)は「得意の内股の切れに課題が残った」と納得いかない表情。

 成長感じる全勝優勝

 優勝を目指した昨年のインターハイは2回戦で敗れた。「このままじゃ駄目だ」と雪辱を期し、毎朝の綱登りやウエートトレーニングを続けてきた。自身の成長は感じているが「全国の強敵に勝つには、もっと追い込みが必要」と、体と技に磨きをかける。

 2度目の挑戦となるインターハイ。滝沢は「絶対に優勝する」と力強く宣言した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場