福島ホープス...連勝止まる 新潟に4-8、ボウカーは絶好調

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―新潟】6回裏福島1死一塁、右越え本塁打を放つボウカー=福島ホープス西会津球場

 福島ホープスは9日、ホームの福島ホープス西会津球場で新潟アルビレックスBCと対戦、4―8で負け、連勝は3で止まった。通算成績は12勝14敗3分けで、順位は東地区5チーム中4位に後退した。福島は次戦の10日、ホームのあいづ球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。午後1時開始予定。

 打線が抑えられる中、一人気を吐いたのがボウカー。チームとしても自身としても初の3打席連続本塁打を放った。「調子は良く、イメージ通り打てた」と喜ぶが、チームの勝利にはつながらなかった。1打席目は初球の直球を狙って右翼スタンドへ。2打席目も直球を左翼スタンドに放り込んだ。1、2打席で直球を打っていたので3打席目は変化球がくると読み、狙い通り打ち返した。

 地域ぐるみで福島ホープスを応援する西会津町での通算成績は6敗。初勝利は今回もお預けとなったが、3発の本塁打をファンに見せることができたボウカー。10日からあいづ球場でのホーム2連戦に向けて「今は絶好調。チーム全体で努力して勝利をつかむ」と誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る